子どもがいないが故の老後の悩み

こんにちは~、ももとです。

子どものいない人なら一度は考えたことがあると思いますが、将来自分が一人になり、認知症などになったらどうしようというもの。

配偶者に先立たれ、面倒を見てくれる子どももいないとなると、心配になってきますよね(^^;

一般的にはお金で備えると思うのですが、先日夫のいとこAちゃんの発言を聞いて、驚きで考えさせられたお話です。

いつもの老後の相談から驚きの発言

夫のいとこAちゃんは、私より5歳年下で近隣の県に住んいます。

Aちゃん夫婦も子どもがおらず自由が利くため、よく夫婦で会ってごはんを食べに行ったりする仲です。

いつからかAちゃんと二人きりになると、私が年上のためか、彼女は決まって老後の相談をしてくるようになりました。

先日も食事会の時、男同士で盛り上がっているのを横目に、Aちゃんと老後の話になりました。

ちなみにAちゃんは、夫の扶養の範囲内でパートをしています。

いつもなら夫の退職後の家やお金にまつわる話なのですが、この日Aちゃんは、

Aちゃん
Aちゃん

この前夫に養子をもらおうかと話したんですよ~

ももと
ももと

養子!?なんで?

Aちゃん
Aちゃん

だって将来私がボケたら誰が面倒見てくれるの?

子なし夫婦 自分たちの介護問題

Aちゃんの衝撃発言に私は驚き、

え!?将来自分の面倒を見てもらうために養子を取るの?いやいやそれはないでしょ~

子どもを一人育て上げるのに2000万円かかると言われていたり、血のつながった子どもでさえ親の面倒を見てくれる保障なんてないし、それならその2000万円を自分の老後の備えにした方がいいよ。

そもそも養子をもらう動機が自分の介護のためなんて、誰も幸せになれない気がする。子育てってそういうものじゃないよ。

私はそんなようなことをAちゃんに言いました。

特にAちゃんは、ダンナさんが10歳くらい年上で、将来自分一人残される可能性が高いので、より心配なんだと思います。

でも気持ちはわかるけど、今のAちゃんに養子をもらうことが正しい選択になるとは思えません。

正しい知識を身に着けて老後に備える

当然Aちゃんの意見は、ダンナさんにも受け入れてもらえなかったそうです(^^;

Aちゃんは思いつめると一点集中型なところがあるので、今回「養子」という考えに囚われしまったのかも知れません。

でもこれって、もしAちゃんが介護やお金について正しい知識を身に着けていたら、こんな極端な発想にはならなかったと思います。

今は便利な世の中で、家に居てもグーグル先生に聞けば、大抵のことは知ることが出来ます。

老後に関する書籍だってたくさんありますよね。

もちろん自分の将来に何が正解か分かりませんが、今回の養子発言をきっかけに、できる限り不安や心配のない老後を迎えられるよう自分で調べて、考えたいと思いました。

Aちゃんとはその後話してないのですが、心配なので近いうちにまた話たいと思います(^^;

Aちゃんが、老後のために投資を始めるお話はこちらです↓

最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります(^^

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA