【沖縄移住】横浜から沖縄へ(第1話)

大人になって沖縄に引っ越すまでは首都圏に住んでいました。首都圏内で何度か住まいは変わりましたが、これは私の引っ越しではなく、実家がマンションや一軒家に移ったため、私もついて行ったというものです。

自分の引っ越し第一弾は、横浜⇒沖縄になります。

今回は沖縄に移住したお話を何回かに分けてお届けします。

沖縄に引っ越した理由

私は沖縄に引っ越すまで、新卒で入社してからずっと同じ会社で働いていました。東京にあるその企業は、職種により全国転勤型だったり、住居の移動を伴わない異動型だったりしました。私の職種は住居の移動を伴わない職種だったので、もちろん沖縄には転勤で行った訳ではありません。

沖縄には、ただ単に「沖縄に住みたいから」という理由で、仕事を辞め移住しました。

初めて沖縄に行ったきっかけ

初めて沖縄に行ったのは、20歳の時友人と行った夏休みの旅行でした。その当時の私は本当に無知で、沖縄について知ってることと言えば「日本にある南の島」くらいなこと。沖縄が過去に日本じゃなかったことや、米軍基地や首里城があることも知りませんでした。今となっては恥ずかしいくらい。

そもそも最初は、旅行先の候補はグアムでした。でも友人がパスポートを持っていなく、申請に時間がかかるということで国内旅行になりました。だから沖縄はグアムの代わりの南国リゾートだったのです。

初めて沖縄に降り立つ

初めて那覇空港に降り立った印象は、「東南アジアの発展途上国の空港みたい」でした。当時の那覇空港は今の空港に建て替える前で、古くてちょっと薄暗く、モワッとした独特な香りと空気に包まれた、日本にはない雰囲気を漂わせていました。

全然下調べもしないで来た私たちは、沖縄には鉄道もなく(今はゆいレールがあります)、レンタカーがないとかなり不便なことも知らず、とりあえずホテルまでバスで行くことしました。

当時はインターネットなんてなかったので、ガイドブックによるとホテルまではバスで1時間ちょっとかかるとなっていました。そしてそのバスが来るのは1時間後(^^; ホテルに到着した時には太陽も傾きかけていました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA