【沖縄移住】横浜から沖縄へ(第3話)

②からの続きです。

最初の沖縄への引っ越しは、私の人生での大きな転換点となったので、伝えたいことが多すぎて、どうしても長くなってしまいます(^^;

環境も大きな影響となりました

沖縄へ引っ越す前、私は東京で活動しているエイサーのサークルに所属していました。

エイサーというのは沖縄の伝統芸能のひとつで、主に男性が太鼓を持ち、女性は手踊りをする踊りです(サークルでは男女関係なく自分のやりたいパートをできました)

東京でわざわざエイサーサークルに入るような人たちなので、当然沖縄好きな人たちが集まります。20名ちょっとの団体でしたが、その中には私以外にも、沖縄に移住しますや、今まで与那国島に住んでましたや、これから沖縄にお嫁に行きますと言った人たちがいました。

なので、私が沖縄に行くと言うこともそんなに珍しいことではないと感じられ、自然と沖縄移住へのハードルも低くなりました。

世間一般では珍しい人扱い?

東京で働いていた会社は、ビル全体が本社ビルになっていたので、同じビルで働いている人は全員同じ会社の人でした。当時そこでは1200人くらいの人がいましたが、私が会社を辞めて沖縄に行く話は、他の部署の知らない人たちにまで噂になっていたようです。

なぜだか違う部署の今までごはんも一緒に行ったことのない人や、仕事で1回会っただけの人にまで送別会をやってもらったりしました。珍しい物見たさで沖縄移住する私を見ていたんでしょうね(^^;

サークルメンバーからの紹介

沖縄での部屋探しは、今はもうやってないようですが、沖縄移住支援センターというところを利用しました。当時は今の様にネットで物件探しができる時代ではなく、昔の沖縄では地元の保証人がいないと、内地の人は部屋を借りられないなんてこともありました。

移住支援センターは、部屋探しだけでなく、沖縄に住みたい内地の人を全般的にサポートしてくれる企業のようでした。私より半年先に沖縄に引っ越したサークルメンバーは、大型犬2匹を空港からアパートまで、移住支援センターに運んでもらったそうです。

私はその人の紹介でを移住支援センターを利用しました。

今になって思えば、部屋探しくらい一人でできたな~と思いますが、当時は一人暮らしも初めてで、何から手を付けていいのか分からなかったので、利用して正解だったと思います。

沖縄移住支援センターでやってもらったこと

沖縄移住支援センターに手数料2万円くらいを支払い、部屋探しのお手伝いと、車をフェリーで運ぶ手配と、仕事探しのお手伝いをしてもらいました。

部屋探しは、希望を伝えるとそれに合致した物件を、複数の不動産屋から資料を取り寄せてくれました。送られて来た資料を見るだけで部屋を決めても良かったのですが、私は現地に行って実際部屋を見てから決めました。不動産屋巡りの時も移住支援センターの方が同行して案内してくれました。

車については最安値で車を運べる船会社を手配してくれ、私は指定された港に車を運び、沖縄に到着したら車を引き取りに行く流れでした。

仕事探しは、結果的にはあまりお世話にはなりませんでした。

当時の沖縄では、内地の人は採用されにくく、求人もそんなに多くありませんでした。移住支援センターでは、沖縄でも採用されやすい履歴書の書き方を教えてくれたり、仕事が決まるまで連絡もくれたりしました。

私は最初、ハローワークで仕事を探していましたが、引っ越して2週間くらいしたら、東京で働いていた会社からお声がかかり、同じ会社の沖縄支社で再雇用されることになりました。

沖縄移住支援センターがやっていたことって、今はネットでできるようになってしまったので、なくなってしまったのかな~ 今どうなってるのか気になります。。

次回へ続きます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA