【沖縄移住】横浜から沖縄へ(第4話)

③からの続きです。

車を持っていくなら引っ越し荷物は全部車へ詰め込む

沖縄での部屋も決まり、カーフェリーの予約もしてもらい、後は自分と荷物が沖縄に行くだけになりました。

沖縄では車がないと生活できないと思っていたので、自分の軽自動車に荷物を入れて持って行くことに。主な荷物は、実家の自分の部屋で使っていた小さなチェストと、衣装ケース2個、布団1組と、あとは細々したもの。それだけでも車内はいっぱいでしたね。

フェリー代は、川崎⇒沖縄で45000円くらいだったと思います。

台風直撃でまさかの引っ越し延期

港で「沖縄で会おうね」とマイカーを見送り、あとは自分が行くだけになった引っ越し予定日の3日前に「台風が沖縄直撃のためフェリーは鹿児島で待機してます」と連絡が(^^;

沖縄の神様に歓迎されてないのかも。。。と、ちょっとヘコみましたが、すぐに気を取り直して、一旦飛行機のチケットをキャンセルし、また連絡が来るのを待ちました。

その時の台風は、歴史に残るような大きな台風で、沖縄から本州を直撃し、死者も出る規模だったと記憶してます。こればっかりはどうすることもできないですね。

とうとう沖縄へ

結局、当初の予定より4日遅れて行くことになりました。

いつも旅行で行ってた時は、往復チケットだったけど、今回は片道チケット。なんだかとてもしみじみした気分だったのを覚えています。

引っ越し当日は平日で、実家最寄りの駅まで母が見送ってくれました。その時の私は、旅行に行く時と同じように「いってくるね~」と何とも軽い返事をしていました(^^; 父は仕事だったと思うけど、どんな会話を交わしたか覚えていません。。

もうちょっとまともな挨拶をすれば良かったかな。

沖縄は台風一過で溶けそうな暑さ

那覇空港から安謝港までタクシーで車を取りに行きました。

感覚がバブリーと言うか、無知と言うか、、(^^; 今だったらバスで行くか、途中までモノレールで行きますね。昔は情報が少なかったせいもあるけど、もっといろんな選択肢があることを、昔の自分に教えてあげたい。これまでだいぶ無駄なことしてきたな~

港の事務所で車受取りの手続きをして、駐車場までちょっと歩いたのですが、沖縄は台風一過の晴天で溶けそうな暑さでした。それでも自分の車と再会した時は、離れ離れになっていた友人に出会ったかのように嬉しかったです。

慣れない運転でコジマと不動産屋へ

実家にいた時は、車はもっていたけど、ほとんど運転しませんでした。都会は車より電車の方が便利ですからね。

なので沖縄では必要に迫られての運転でした。安謝港からかなり怪しい運転で、まずは近くのコジマ電気へ向かい、冷蔵庫と洗濯機を購入しました。

この時も他のお店で比べるとか考えず、近くにあったからという理由だけで、即決で買いました。本当に我ながら呆れます(^^;

洗濯機と冷蔵庫は後日配達になり、そのまま不動産屋へ鍵をもらいに行きました。

次回へ続きます。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA