温泉施設でのちょっとした出来事

熊本には温泉がたくさんあります。水が豊富で火山もあれば、温泉がたくさんあるのも納得できますね。

黒川温泉のような非日常を求めて行くような温泉宿もあれば、地元の人が普段から通ってる温泉施設もあります。うちの近所にも地元の人で賑わっている温泉施設があり、たまに夫と行くのですが、先日女湯で気になる出来事がありました。

どんなに聞いても理解できない会話

その温泉施設は、いつも常連のばぁちゃんたちが幅を利かせてる感じがするのですが、この前行った時はなんだかばぁちゃんたちがおとなしい??周りをよく観察すると私が入っている湯舟とは別の湯舟に、どこかの相撲部屋から来たような3人組が大きな声で話していました。コロナになり、温泉でも黙浴が当たり前になった今時に珍しいなと思いつつ、3人の会話に耳を澄ませてみました。

熊本も沖縄ほどではありませんが、地元の年配の方同士の会話は、方言やなまりで意味が分からない時があります。そのドスコイ3人組の会話もなまりが凄くて理解できないな・・?いえいえ、そもそも日本語じゃありませんからー どうやらお隣の大陸の方たちのようです。そりゃあ理解できないわ。大声なのも納得です。

マナー違反な3人組だけど

言葉は理解できないけど、とにかくその場で目立っているし、面白いのでずっと観察していると、3人とも持っていたタオルを湯舟にジャブジャブ浸けて、湯舟の中でジャーと絞ってました(+_+) その光景は私だけでなく地元のばぁちゃんたちもみんな目撃してました。

その施設にはもちろん外国語表記の注意事項なんて掲載されてないし、日本人なら言われなくても分かるので、そんな注意事項日本語でも書いてありません。なので外国の方が分からないのは仕方ないですね(^^;

いつも幅を利かせてるばぁちゃんたちも、日本人の若い子がそんなことしてたら真っ先に注意するでしょうが、言葉の通じない相手には静かにしています。

熊本の人は外国人に対して免疫が少ない?

熊本にいると外国人を目にすることが少なくなりました。たまに大学の近くとかで留学生らしき人は見ますが。今はコロナもありますが、熊本は交通の便が悪いのでインバウンドの外国人も多くなさそうです。

私は物心ついた時から外国人が身近にいたように思います。千葉に住んでいた子どもの頃は、近くに某テーマパークで働いている外国人キャストが住んでいる住宅街があり、しょっちゅう目にしていました。大人になってからも、東京で働いていれば外国人なんて珍しくもないし、沖縄も米軍だったり、外国人観光客は溢れかえってました。

夫も熊本では昔から外国人はほとんど見たことないと言ってますし、以前夫の弟さんが空港で外国人に話しかけられて、目を白黒させてることがありました。なので温泉のばぁちゃんたちが、3人組の前で無言になるのも理解できます。

外国人観光客だけでなく

その温泉施設に外国語表記が必要かどうか分かりませんが、熊本は世界トップの台湾の半導体企業もできることだし、これからは外国の方も増えると思います。インバウンドも少しは戻って来ることでしょう。

観光客へのおもてなしだけでなく、自分たちの生活圏にいる外国人にも、文化や言葉の違いがあっても、お互いが気持ちよく過ごすためにどうしたらいいか考えるのは大切なことですね。

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ダンナが転勤族の主婦へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 子供なし専業主婦へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA