泡盛豆知識/泡盛の名前の由来

こんにちは~、ももとです。

あなたは、沖縄のお酒「泡盛」を飲んだことありますか?

沖縄好きな方や、旅行で行かれた方は飲んだことありますよね?

沖縄に住んでる方なら当たり前のように飲んでる泡盛。

その泡盛って、なんで「泡盛(あわもり)」と言うかご存知ですか?

なぜ日本酒のように琉球酒とかじゃないんでしょうね?

前回は、沖縄のお酒「泡盛」についての基本でしたが、今回は「泡盛の名前の由来」についてのお話です。

沖縄に興味があるたろう君と一緒に、泡盛について詳しくなりましょう(^^

たろう
たろう

そういえば、なんで泡盛って言うのかな?

【この記事は次のような方にオススメです】

・泡盛について知りたい方

・沖縄に興味のある方

・泡盛が好きな方

「泡盛」と呼ばれる以前は?

夢航海水割り
『夢航海』は青りんごのようなフルーティな香り

約600年の歴史があると言われる泡盛ですが、「泡盛」という言葉が登場するようになったのは、1670年代以降のことです。

たろう
たろう

じゃあ、その前はなんて呼ばれてたの?

もともとお酒は、神様にお供えするものとして使われていて、古代の日本語では、酒のことを「くし」とも言っていました。

現在の沖縄の方言でも、泡盛を神酒と用いる場合は「ぐし」や「うぐしい」と呼ばれています

このような「くし」や「ぐし」という言葉は、「くすり」と同じ語源を持ち、の意味があったと言われます。

ももと
ももと

竹富島に「ぐし」というラベルの泡盛があったよ

では、実際は何と呼ばれていたかですが、現在でも沖縄の方言では酒のことを「サキ」と言います。

これは、昔から変わらずだそうです。

なので、泡盛という言葉が定着する前は「サキ」と呼ぶのが一般的だったようですね。

現在は島の物を意味する「シマ~」とも呼ばれてますね。

「泡盛」という言葉が登場したのはいつ?

『夢航海』は水割りがよく合います

前回の「泡盛基本編」でも少し触れましたが、琉球王国時代、泡盛は江戸への献上品でした

その献上品の目録を見てみると、「泡盛」という言葉がいつ登場したのか分かります。

・1634年:「焼酎」

・1644年:「焼酒」

・1649年:「焼酎」

・1671年:「泡盛酒」←初めて泡盛という言葉が!

※主要な年を抜粋しています

1671年に初めて「泡盛」いう言葉が登場しましたね。

ここから「泡盛」の呼び名が定着していったようです。

「泡盛(あわもり)」という名前になった説4つ

では、なぜ「泡盛」という名になったのでしょう?

ももと
ももと

これには4つの説があるよ

1.泡説

泡説には、二通りあります。

①「強い酒を注ぐ時に泡立つから泡盛」

昔は、アルコール度数を調べる時、40~50㎝の高さから酒を注ぎ、泡の立ち具合で度数の強弱を判断していました。

強いお酒ほど泡立ったそうです。

②「蒸留の際、泡が盛り上がることから泡盛」

蒸留の際、垂れてくる酒が容器に落ちる時、泡がさかんに盛り上がるので泡盛となった。

また、八重山地方では蒸留直後に出てくる度数の高い酒を「アームリ」や「アームル」と呼んでいました。

2.原料説

泡盛の原料に「粟(あわ)」を使っていたからという説。

現在の泡盛の原料は、主にタイ米ですが、昔は米と粟が原料に使われていました。

ももと
ももと

タイ米が定着したのは昭和に入ってからだよ

3.梵語(ぼんご)説

古代インドの梵語(サンスクリット語)では、酒のことを「アワムリ」と呼ぶため、それが訛って「アワモリ」になったという説。

4.薩摩説

薩摩藩が、九州の焼酎と区別するために命名したとする説。

薩摩藩が江戸幕府に酒を献上する際、「日本の焼酎」と「琉球の焼酎」を区別するために名付けたと言われています。

たろう
たろう

4つも説があったんだね!

ももと
ももと

一番有力なのは「泡説」だと言われているよ

泡盛の名前の由来まとめ

シークヮーサー果汁を加えて更に爽やか(*´▽`*)

泡盛の名前の由来には4つの説がありました。

・泡説

・原料説(粟)

・梵語説

・薩摩説

ジンやウォッカなどの蒸留酒と比べると、世界的にはまだまだ知名度の低い泡盛です。

でも、地球上のこんな小さな島に600年もの歴史のあるお酒があるって結構すごいと思いませんか?

普段何気なく飲んでいる泡盛も、歴史や由来を知ると更に好きになりますよね(^^

親しい方たちと泡盛を飲みながら「泡盛の名前の由来」を披露したら、場が盛り上がりそうですね(^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります(^^

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA