【熊本県菊池市】エミュー観光牧場の魅力について紹介します

こんにちは~、ももとです。

あなたは、エミューという鳥を知っていますか?

ダチョウに続いて、世界で2番目に大きい鳥です。

そんなエミューに会いに、先日『熊本県菊池エミュー観光牧場』に行って来ました。

こちらは、2022年4月にオープンしてるのですが、オープン直前にエミューの脱走事件で、全国放送された施設です(^^;

もしかしたら、記憶に残ってる方もいますかね?

そんなちょっぴり有名になったエミューたちに会って来ましたよ♪

過去の「おでかけ熊本編」はこちらです↓

施設中庭には子どものエミューがいます

こちらの施設は、もともとは小学校だったそうで、校舎として使われていた建物の中に入ると、広々とした空間に出ます。

順路に沿って行くと、中庭のようなところがあり、そこにはエミューたちが!

でもよく見るとまだ小さい。子どものエミューのようです。

餌のキャベツをあげると、わらわらと寄ってきます。

最初、エミューに囲まれたらどうしようと思いましたが、餌は窓越しにあげるので大丈夫です。

スタッフの方が、餌のやり方について詳しく説明してくれました。

エミューへの餌やりのコツ

・キャベツをしっかり持つ

・エミューにちぎらせるように与える

餌は外のテントで1個100円で売っています

エミューはキャベツを一口づつちぎって食べていくので、人が手を放してしまうと、キャベツが大き過ぎて食べれなくなってしまうのです。

結構勢いよくつついてくるので、最初怖いと思いましたが、それよりも可愛いが上回って、怖くなくなりました。

子どものエミューは一口が小さいので、キャベツが小さくなるギリギリまで持っていたので、2回ほど嚙まれましたが痛くありませんでした(^^

プラスチック製のものに挟まれた感じでしたよ。

旧迫水小学校跡地を利用したエミュー観光牧場

旧迫水小学校跡地を利用しているエミュー観光牧場。

今もその面影が施設のあちらこちらで感じられます。

なぜかイノシシのはく製が置かれていた教室(^^;

お土産コーナーにはエミューの肉の加工品が売っていましたが、餌やりをしたエミューたちが可愛過ぎたので、ちょっぴり可哀そうな気分に(^^;

トイレはスリッパに履き替えるのも、学校ぽいですね。

エミューの卵を実際に触ることもできました。

色が独特ですね。

外には大人のエミューがいます

外には大人のエミューがたくさんいます。

檻もしっかりしていて、これなら脱走もできなさそうです。

大人のエミューには柵ごしに餌をあげます。

大人は一口が大きいのであっと言う間に食べてしまいますね。

柵があるので噛まれることもありませんでした。

大人の方が餌はあげやすかったです。

『エミュー観光牧場』詳細情報

プール横のこちらの建物が入口です。

入口では靴を消毒してから入ります。

・住所:熊本県菊池市重味2836

・電話:0968-27-1351

・営業日:土日祝

・営業時間:10:00~15:00

・入場料:無料(餌代は1個100円)

・駐車場:有り

まとめ

実は、ももとは恐竜が好きです。

好きだからと言って、種類とか全然詳しくないのですが、あの大きさにロマンを感じてしまうのです。

あんなに大きな生物が、かつて地球上の主役だったなんて、考えただけで凄くないですか?(私だけ?)

ところで、現代に生きる鳥たちは、恐竜の子孫ではなく、恐竜そのものだと言う話を聞いたことはないですか?

一部の恐竜が、鳥に進化をして行ったそうです。

エミューを見ると、大きさといい、見た目といい、なんだか恐竜に似てますよね?

ももと的には、現代の鳥の中で、一番恐竜っぽいなと思うのがエミューです。

エミュー観光牧場、施設自体はこじんまりしていますが、そんな恐竜も感じさせるエミューたちがとても可愛くて、満足度は高かったです(^^

そして、スタッフの方皆さんが、丁寧であいさつもしっかりされていたのがとても印象的でした

もし、近くを訪れる機会があれば、ぜひ行ってみて欲しいです。

私は、次は雛がかえる春頃に、また行きたいと思います(^^

最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります(^^

にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA