当サイトはプロモーションが含まれています

柳川の川下りはどこがいい?水郷柳川観光なら雨の日も寒い日も大丈夫!

雨の日や寒い日なら水郷柳川観光がおすすめの理由

雨の日の柳川の川下りはどこがいいのか?

柳川下りって屋外の観光なので天候に左右され、もし行った日が雨だったり寒い日だったら楽しさも半減してしまいますよね。

寒い日に柳川下りをするけどおすすめの船会社ってどこがいいのかな?

ももと
ももと

それなら水郷柳川観光がおすすめだよ!

今回私が行った日はあいにくの雨で寒い日だったのですが、そんな天候でも川下りを楽しむことができたので、水郷柳川観光での川下りの様子を紹介します。

この記事は次の方におすすめです

■寒い季節に柳川下りをする人

■雨の日に柳川下りを楽しみたい人

■水郷柳川観光の柳川下りについて知りたい人

柳川でうなぎの富貴せいろ蒸しをいただきました 【柳川】うなぎの富貴(ふうき)上せいろ蒸しを食べた口コミ(感想・レビュー)を紹介します 原鶴グランドスカイホテルレビュー 原鶴グランドスカイホテルの宿泊記ブログ 90分食べ飲み放題プランでの口コミ

雨の日の柳川の川下りはどこがいい?

雨の日や寒い日の柳川の川下りはどこがいいのか先にお答えします。

雨の日や寒い日は水郷柳川観光がおすすめです!

水郷柳川観光がおすすめの理由はのちほど紹介していきますね。

柳川の川下りとは

柳川下り
季節が違うとこんなに綺麗

柳川下りとは、水郷柳川観光のホームページではこのように紹介されています。

約420年前柳河城築城のおりに、城下町を形成するために人工的に堀を掘って整備されました。
そこには、治水・利水のための水利体系が整備され、先人の知恵による様々な仕組みが今なお息づいています。
柳川の川下りは、お堀めぐりです。七曲り、七巡りして下っていきます。

引用元:水郷柳川観光HP

一般的に「川下り」と言われていますが、正確には川ではなく「お堀巡り」です

ももと
ももと

人工的に造られたお堀を船で巡るよ

観光としての柳川下りが始まったのは昭和に入ってからで、昭和29年に柳川で撮影された映画の中の、川遊びのシーンが注目され、「柳川下り」の誕生となったそうです。

雨の日の水郷柳川観光での柳川下りの様子

水郷柳川観光の店舗外観

それでは、今回私たちが利用した水郷柳川観光の川下りについて紹介します。

この日はあいにくの雨模様。

しかもとても寒い日で、正直「こんな日に柳川下りなんてやりたくない」とさえ思っていました。

でも水郷柳川観光なら、雨の日の川下りでも全然快適でした。

水郷柳川観光の受付

水郷柳川観光の受付
受付

水郷柳川観光の建物に入るとすぐに受付があります。

予約なしで行きましたが、空いていてすぐ次の舟に乗れましたよ

こんな寒くて雨の日に来る人も少ないですよね。

水郷柳川観光の川下り料金

大人1名1600円でしたが、事前にネット予約をすると1450円になるようです

通常料金ネット予約料金
大人(中学生以上)¥1600¥1450
小人(5歳~小学生)¥850¥750

乗船までの時間にやること

船の時間になるまで事務所のベンチで待っていて、その間にトイレなどを済ませておきます

時間になると係りの方が呼びに来てくれるので、乗船場へ移動します。

今回は小雨が降っていたので、この時にポンチョを渡され船に乗る前に全員着用します。

柳川下り乗船

柳川下り乗船風景
乗船の様子

事務所の目の前の乗船場から、船に乗り込みます。

この日は私たちのグループと、春節で旅行に来ていた台湾の方たちだけでした。

乗船時の注意点(雨バージョン)

■乗船は船頭さんの指示に従う

■乗る時は一人ずつ

■船の手前で靴を脱ぎ、靴を持って乗る

■席に着いたら靴と荷物はポンチョの中にしまう

乗船時は船のバランスとかもありますから、誘導してくれる船頭さんの指示に従います。

冬は船にこたつが設置してあるので、船の手前で靴を脱ぎ、靴を持って船に乗り込みます。

席に着いたら、靴と荷物はポンチョの中に収まるように置き、雨に濡れないようにします

水郷柳川観光船のこたつ

水郷柳川観光のこたつ付きの船
こたつがあると飲み物も置けます

船に乗るまでは「こんな寒い日に川下りかよ~」と思っていましたが、こたつが最高でした(≧▽≦)

こたつがあるのとないのでは大違い!

ポンチョも分厚いビニール製だったので、これも意外と寒くなかったです。

ももと
ももと

なんだ~全然寒くないじゃーん(≧▽≦)

このこたつの存在が、冬の柳川下りに水郷柳川観光をオススメする理由です(^^♪

川下り中、他の船会社の船とも結構すれ違うのですが、よそのお客さんから「こたついいなー!」と言う声が何度か聞こえました。

他の船会社にはこたつがないところもあるんですね。

川下りの所要時間は約1時間なので、1時間こたつナシで水上を移動するのは、考えただけでもとても寒そうです。

こたつ、侮れません。。。

水郷柳川観光の船頭さん

水郷柳川観光の船頭さん
船頭のたっちゃん

あと、船頭さんも良かったです(^^♪

船頭のたっちゃん、歌がとても上手いんです。

川下り中、柳川の文人北原白秋にちなんだ唄とか歌ってくれたのですが、とてもいい声で癒されました。

貸し切りの時には、指名されたりするそうですよ。

ももと
ももと

他の船からも歌が聴こえたけど、たっちゃんの方が上手かった♪

柳川下り下船とお迎え場所

柳川下りの下船場所は、乗船場所とは離れたところになるので、帰りは送迎バスがあります。

下船

約1時間の遊覧を終え、とうとう船を降りる時間がやってきました。

今度は、降りる前のまだ座ってる状態の時に、靴を履いてスタンバイです。

船を降りる前に靴を履いておきましょう

帰りの送迎バス乗り場

水郷柳川観光川下り 帰りのお迎え場所の地図
送迎バス乗り場の地図/引用元:水郷柳川観光HP

船を降りると、船会社の事務所(乗船したところ)までの送迎バスがあるのですが、このバス乗り場が少し離れているので、とても分かりづらかったです(^^;

受付時に説明があったのですが、知らない場所なのでイメージが湧かなく、1時間船に乗ってる間に記憶が曖昧になってしまいました(^^;

お迎えのバス乗り場は、事前に確認しておきましょう

バスは20~30分おきにあるようですが、時期によって早く終了するそうなので、時間も要確認です

私たちの時も14時が最終でした。

水郷柳川観光のバス
送迎バス

このようなシャトルバスが巡回しています。

水郷柳川観光の詳細情報

水郷柳川観光の詳細情報

■住所:福岡県柳川市三橋町下百町1-6

■電話:0944-73-4343

■営業時間:9:00~17:00

■駐車場:あり

■公式HP:水郷柳川観光のHP

雨の日の柳川の川下りまとめ

雨の日や寒い日でも柳川の川下りを楽しみたいなら水郷柳川観光がおすすめです。

最初は、全く乗り気じゃなかった柳川下りでしたが、実際乗ってみると居心地よくて水辺をゆっくり移動するのがとても癒されました。

今回たまたま水郷柳川観光を利用させていただき、たまたまこたつがあって本当に助かったので、特に冬は水郷柳川観光推しです。

ももと
ももと

水郷柳川観光の回し者じゃないよ!

とにかく、冬の柳川下りにこたつは必須です!

とても楽しい体験だったので、今度は緑が綺麗な暖かい季節にまた来たいなと思いました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。クリックしていただけると励みになります(^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA